本日のtopics。(治療報告、サッカー選手のケア)

2008年11月29日

治療;鼻汁、鼻閉、鍼

男性;冬も本番に近づき寒さも強く感じる様になってきたが、最近多いのが鼻水、鼻閉をともなった風邪である。治療中グシュグシュと呼吸もしづらく非常に辛そうである。

そこで、鍼を使用してその場で症状を緩和させることが可能である。

風邪の諸症状によるものだけではなく、花粉症、アレルギー性鼻炎によるものも適応である。勿論本治法は異なってくるが、中医学では「急なれば則ち標を治す」とある。これは根本の原因を治すことも重要だが、目に見える症状が緊迫した状態、急を要する場合は、まず先にこちらを治療するという意味である。

使用する経穴は、上星、印堂、攅竹、迎香などである。

施術後の症状緩解に大小はあるものの驚く声も少なくない。(安東)
——————————————————————————-
治療、手技;サッカー選手。ケア。
サッカー競技は、持久性、瞬発力共に兼ね備えている必要があるコンタクトスポーツである。サッカーに限らずコンタクト競技者においては自分が自覚していない身体における部位またはエリアに負担がかなりかかっていることが少なくない。例えばスライディング、ジャンプ動作での関節周囲の軟部組織への過大負荷、競り合いでの打撲・捻挫(重傷になれば骨折・脱臼・靭帯損傷の既往歴)などが上げられる。また微小な損傷(軽い肉離れ等)であれどもそれを繰り返すことにより、大きな損傷を起こす、またはその予兆になりうることもある。通常はコンディショニングに関しては自己でする選手も多く、今回の例がそうである。
まず、左右骨格筋(きき足)等を考慮しながら触診→硬結→押圧→放散痛の部位が相当あり、潜在的トリガーを示していた。さらに筋緊張も強いものがありそれを緩解させる手技を行う。
ケアを受けている選手も自分の骨格筋状態にはさながら驚きの様子であった。術者側としても自覚症状があるないに関らず、特にプロ化している今日のスポーツ選手においては、自己管理プラスアルファ、信頼のおけるトレーナー的役割を果たしてくれる施設、人をみつけることの重要性を示唆したい。(伊藤)

お問い合わせください
さくら治療院

【アクセス】
電車:京成線三咲駅より徒歩5分
   (お車でお迎えいたします)

お車:京葉道路 花輪インターチェンジより約15分

【住所】千葉県船橋市三咲1-8-8

047-447-5657

※移動中や施術中は申し訳ありませんが電話に
でられない場合があります。

メールで予約

メールで問い合わせ

鍼・灸・マッサージ治療院として
さくら治療院では、鍼(はり)灸(きゅう)治療をはじめとし、マッサージ・アスリートトレーナーなど、患者様の症状・状態にあわせ、ひとりひとり適切な治療を心がけております。
鍼灸治療が初めての方、女性の方、不安やご希望などお気軽にご相談下さい。
船橋市・習志野市・市川市・鎌ヶ谷市・白井市・八千代市の皆様へ
さくら治療院では少しでも地域の皆様の生活の一部としてお役に立ちたいと思っております。お車での送迎サービスを行っておりますので、
ご希望の方は距離にも寄りますが、お気軽にご相談ください。
さくら治療院
千葉県船橋市三咲1-8-8 TEL:047-447-5657
(c)Copyright 2018 Sakura Acupuncture Cauterization&Massage House All Rights Reserved.