治療・施術レポート

先月多かった痛みや症状

肩凝りと経筋治療

患者様:千葉県 60代 女性(主婦)
<主 訴>
症例報告(肩凝りと経筋治療)
GW明けから、頚の後ろ~背中にかけて、何かがのしかかっている様な感覚がある。普段は、あまり頚や肩に凝りは感じないし、今回も特に思い当たる原因はない。連休中に、庭の草取りをしたぐらい。

頭板状筋、僧帽筋上部および中部線維、三角筋後面の筋緊張亢進。  前腕伸筋群および屈筋群、下肢後面の張りも強い。
<触 診>
頭板状筋、僧帽筋上部および中部線維、三角筋後面の筋緊張亢進。  前腕伸筋群および屈筋群、下肢後面の張りも強い。
<治 療>
まず、後頚部~背部の筋緊張を緩和し、主訴の寛解を図った。徒手で快~やや強めの揉捏および圧迫を加えていくが、思いのほか筋緊張の緩和がみられなかった。頚部や肩関節のストレッチを折り混ぜたが、表層のみの緊張緩和にとどまった。
そこで、治療方針を「局所治療」から「経筋治療」に変更。東洋医学的な観点からすると、後頚部を通過する主に陽経の経脈が通過障害をきたし、そのために後頚部の気血の流れに滞りが生じ、頚肩部の凝りが引き起こされると考えられている。
これに該当する経脈は、手の太陽小腸経と足の太陽膀胱経であり、経脈上の圧痛点や硬結を探っていくと、右前腕(養老)および両下腿後面(承筋・承山)に圧痛がみられた。
母指での揉捏および持続圧迫でこれらの硬結を治療し、再び肩背部の局所治療へ戻ると、先程よりも筋緊張の緩和がみられた。
この緊張緩和により、頭板状筋や僧帽筋などに触擦可能となった硬結に対し、母指または肘での圧迫を加えると、主訴である頚肩部の凝りは寛解した。
<考 察>
今回の肩凝りは、庭の手入れをした際、しゃがんだ姿勢が続いたことにより下腿に、雑草を引き抜く動作の繰り返しにより前腕に負担がかかった結果、硬結や筋緊張が生じ、これらが後頚部を流れる経脈の阻滞を引き起こし、頚肩部の凝りの一因となったのではないかと思われる。
このように、主訴の原因となっているものが、主訴部位局所のみでなく、そこから遠く離れた部位にも存在している例は、他にも多数あり、当院が「全身治療」を行なっている理由もそこにある。
  • 治療・施術スタッフ:鈴木

→治療・施術レポートの一覧に戻る

お問い合わせください
さくら治療院

【アクセス】
電車:京成線三咲駅より徒歩5分
   (お車でお迎えいたします)

お車:京葉道路 花輪インターチェンジより約15分

【住所】千葉県船橋市三咲1-8-8

047-447-5657

※移動中や施術中は申し訳ありませんが電話に
でられない場合があります。

メールで予約

メールで問い合わせ

鍼・灸・マッサージ治療院として
さくら治療院では、鍼(はり)灸(きゅう)治療をはじめとし、マッサージ・アスリートトレーナーなど、患者様の症状・状態にあわせ、ひとりひとり適切な治療を心がけております。
鍼灸治療が初めての方、女性の方、不安やご希望などお気軽にご相談下さい。
船橋市・習志野市・市川市・鎌ヶ谷市・白井市・八千代市の皆様へ
さくら治療院では少しでも地域の皆様の生活の一部としてお役に立ちたいと思っております。お車での送迎サービスを行っておりますので、
ご希望の方は距離にも寄りますが、お気軽にご相談ください。
さくら治療院
千葉県船橋市三咲1-8-8 TEL:047-447-5657
(c)Copyright 2018 Sakura Acupuncture Cauterization&Massage House All Rights Reserved.